【2話のネタバレと感想】のひとをダメにするちょいブスを無料でネタバレします。

鎖につながれた洋子は、抵抗もできずただ震えていた。

「あぁっ、あ、嫌ぁ……っ」

 

慣らされてどろどろになったソコは、男を簡単に受け入れた。

粘膜を擦り上げると、悲鳴があがる。

 

【ひとをダメにするちょいブス】

この漫画はBookliveで

お試し読み

無料で読むことができます。

↓↓↓クリック↓↓↓

2話のネタバレ

タクミさんに服を引き裂かれた洋子は、恐怖と羞恥に身を震わせていた。

 

「やだっ、や、やめ、……!」

 

 

泣きじゃくるのにも頓着せず、腰を掴んで容赦なく打ち付けた。

 

 

欲望のまま奥を突き、精を放つ。

 

 

変態はタクミさんは洋子の尻の臭いを嗅ぎながら2回イきました。

 

洋子の下の口にタクミさんの凶暴なくまたんがじわじわと入っていきます。『やめてぇぇ』

と叫ぶもタクミさんは手を止めることはありません。

 

 

逆に興奮していくタクミさんは洋子にお仕置きをしまくります。

 

そしてタクミさんは洋子に媚薬を飲ませると

「ん…ごめ、ん…。なんか、体、が…」

 

「やめて、や、んん、助け、ひゃあん」

 

何度も媚薬を追加されながら、焦らされ、壊れるほど抱かれました。

 

タクミさんさんへの命令です。

 

洋子は「上の服を脱いでブラをはずしてください。」

 

無理やり唾液をつけた指で乳首を一分間刺激されてしまいます。

 

媚薬を飲ませれた洋子はもうどうしようもなく感じてしまうのです。

 

 

感じて互いに行きまくった後には

洋子はタクミににくっついてみました。

 

すると、あなたは『めずらしいね…おいで?』

 

と言って頭をなでられてしまいました。

 

2話を読んだ感想

過激なエロシーンがたくさんあります。

 

 

こんな漫画を読んで興奮するなという方が大変なほどのエロ漫画となっていました。

 

 

たまにみえるタクミさんの優しそうなところが逆に怖い作品でした。

 

この漫画はBookliveで

お試し読み

無料で読むことができます。

↓↓↓クリック↓↓↓