【ネタバレ】のひとをダメにするちょいブスの無料でネタバレを読むことができます。

ベッドに縛られた洋子!!!

洋子 の滑らかな肌にはいくつもの赤い痣が。

「や、そんな、無理……っ!」

何人もの男たちに犯され、粘膜が赤く腫れ上がる。

それでも許されず、また太い肉棒が挿入された。

 

【ひとをダメにするちょいブス】

この漫画はBookliveで

お試し読み

無料で読むことができます。

↓↓↓クリック↓↓↓

 

全巻のネタバレと感想

 

これは、銭湯でのエッチな体験談です。

 

 

私は、ある日、ある銭湯に行きました。

 

 

そこには、プールがあるので、私はとても気に入っていました。

 

 

そして、いつも通りシャワーを浴びて、頭を軽く洗ってから、湯船につかりました。すると、家族連れが入ってきました。

 

お父さんと男の子と女の子です。こんなことは、よくあることです。でも、ひとつだけ違和感を感じることがありました。

 

 

女の子が大きいのです。

 

 

普通は、幼稚園くらいから小学生の3年生とかそれくらいまでの、女の子が男湯に入ることがありますはっきりとはわかりませんが。

 

 

でも、その女の子は中学生くらいに見えるんです。

 

いや、高校生でもいけるかも。

 

しかも可愛い。実際は3年生くらいだと思うんですが。

 

あれ?

 

これに興奮するって俺って変態なのかな。

 

それくらいヤバイんです。

 

 

すると、また何か違和感を感じました。

 

 

周りの男達が、チラチラその女の子を見てるんです。やっぱり他の男も気になっていたようです。私だけじゃなかったんです。

 

 

もちろん普通の小学生に興味はないですよ。

 

むしろ、別の場所に移動します。

 

 

でも、仮にですよ仮に、裸の高校生がお風呂に入ってきたらどうしますか。

 

 

見るでしょ。一生懸命、頭の記憶領域にインプットするでしょ。

 

 

これは、ロリとかそういう問題じゃなくて、お父さんが悪い。

 

 

とうことにしておきましょう。

 

いや、お父さんありがとう。それでは、終わります。

この漫画はBookliveコミックの

お試し読み

無料で読むことができます。

↓↓↓クリック↓↓↓